糖尿病の悪化を防ぐ|放置するとひどくなるアレルギー性鼻炎の対策方法を知っておこう

放置するとひどくなるアレルギー性鼻炎の対策方法を知っておこう

糖尿病の悪化を防ぐ

男性

消化ペースをコントロール

糖尿病の新たなバロメーターとして認識されているのが、ヘモグロビンa1cです。ヘモグロビンa1cの値が上がりだすと、糖尿病のリスクが高まります。食事の影響を受けにくいヘモグロビンa1cの数値は、そのまま健康状態を表します。少なくとも3、4か月前から血糖値が高い状態と考えられますので、原因究明が先決です。ヘモグロビンa1cの値を左右するインシュリンの働きは、血糖値の影響を受けます。血糖値が特に上がりやい食後は、インシュリンの分泌状態も乱れます。インシュリンの状態を安定させるためにも役立つのが、消化のペースのコントロールです。よりスローペースで、糖分がとりこまれるような工夫を行います。カテキンを含む緑茶などは、消化のペースをダウンさせるのに最適な飲み物です。

原因物質に要注意

糖尿病と関係が深いのが、AGEと呼ばれる物質です。AGEは、近年老化と関係が深い成分として知られています。体内の糖の量が多い糖尿病の方は、AGEも増加しがちです。カテキンなどのお茶の成分は、AGEを作らせないような働きを持ちます。日ごろからヘモグロビンa1cが気になる方は、積極的にカテキンを摂取すると悪化が防げる可能性があります。糖尿病で生じがちな体のネガティブなサイクルを抑制してくれるのが、カテキンの効果です。食事内容などを見直すとともに、状態を悪くしないための対策も必要になります。中高年世代の場合は、他の生活習慣病のリスクが高く、待ったなしの対処が求められるのです。老化のスピードを抑える対策も、糖尿病の改善に功を奏します。

このエントリーをはてなブックマークに追加