腸内環境とのつき合い方|放置するとひどくなるアレルギー性鼻炎の対策方法を知っておこう

放置するとひどくなるアレルギー性鼻炎の対策方法を知っておこう

腸内環境とのつき合い方

腹部

腸内の三種類の菌

腸内フローラは人それぞれであり、人相や手相のように違います。生活習慣や年齢やストレスによって、その状況が変化していきます。無頓着な生活を続けていくと、腸内環境が悪くなり、病気になってしまうリスクがあります。また、腸内にいる菌は、三種類に分けられ、この三種類の菌のバランスが大事だとされています。善玉菌・悪玉菌・日和見菌の三種類であり、どれか一つを排除すれば良いという話でもありません。個人によって違う、腸内フローラの環境を知っていくことで、自分の状態に知れるようになります。三種類の菌のバランスが、取れているのであれば、その維持を続けていけるようします。改善点がある場合は、それらを実行していき、菌のバランスを保ちます。

三種類の菌のバランス

三種類の菌のバランスを必要としているのが腸内フローラですが、その善玉菌2・悪玉菌1・日和見菌7にすると良いとされています。腸内フローラを完全にこの比率にするのは簡単なことではありませんが、健康食品やサプリなどの手助けをしてもらうことで、理想のバランスに近づけていけます。菌同士の陣取り合戦は激しく、大幅にバランスが崩れると体調の悪化に繋がり、病を呼び込んでしまうこともあります。健康を維持するためにも、腸内菌が生活しやすい環境を整えてやり、共に共存していくことが大切になります。また、ある程度の無理も若い頃ならなんとかなっても、加齢によってダメージを受け止めれなくなってしまうので、注意が必要です。

このエントリーをはてなブックマークに追加